特許申請、意匠登録という言葉を知っている人は多いと思いますが、この2つに大きな違いがあることを知っている人はあまりいません。
人によっては、特許申請も意匠登録も同じもので、呼び方が違うだけであるという認識を持つ人もいますが、特許申請と意匠登録は全く違うものとなります。

まず、特許申請というのは技術的な創作を保護してもらうという意味があります。
つまり、形に残らない方法等が含まれるというものです。

逆に、意匠登録というのは形状、色彩、模様等の形として残るものになってきます。
簡単に言えば、デザインを保護するものであると言っても良いかもしれません。

このように、特許申請や意匠登録で自分の成果を保護してもらうためには、申請をしなければなりません。
申請をする場合、基本的に弁理士に頼むという人も多いですが、実は弁護士でもこのような申請を代理でしてもらうことが出来ます。

特許申請や意匠登録というのは、時間の勝負となってくるため、円滑に申請を進める必要が出てきます。
そのため、弁護士等に頼んで効率よく申請してもらうことが必要なのです。
ほとんどの弁護士が、このような申請を代理でしてくれるものであるため、利用していくのが良いと思います。
いくら画期的なアイデアやデザインであっても、申請を誰よりも早くしなければ意味が無いため、弁護士等に頼むのは良いことだと思います。

おすすめサイト

意匠登録について知るならこちら|ベリーベスト法律事務所

Comments are closed.

archive
category
  • カテゴリーなし
calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Designed by Quilting Fabric & Bali Bras & Powered by Diet Pills & Medical Scrubs.